スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ティルト・シフト・フェイク???にチャレンジ ※4/20追記。

本日のお題はチルト・シフト。

風景やなんかを、おもっちゃっぽく、ジオラマっぽく撮りましょう、というアレです。

が。

それを撮るため(ってわけでもないらしいんですがw)のレンズはお高いのでそうそう買えません!w

なので、画像処理ソフトをつかって、ティルト・シフト処理をしてみましょう、というわけです。

webで加工してくれるサイトなどもありまして、なかなかたのしげです。

ティルト・シフト メイカー

それに加えて、webには、レタッチ処理の先人達が残してくれたレシピなどがございます。



今回は、自分でやってみようのコンセプトなのでw参考にしつつ初チャレンジ開始・・・

&オリジナルで超適当「勘」アレンジしまして・・・

イマイチなものが出来上がりました☆


まずは、処理前。

ngfukan2mae

ジオラマ的な画像にするには、俯瞰で撮った写真が効果が表れやすいということで、撮ってきました。

いつもの名古屋です。

撮った場所ですか? ・・・私がシネシネビームを出すようなところです(爆謎




で、処理後。

ngfukan2

もうあと一歩・・・・いあ二歩三歩四歩五歩。

ふっ・・・・・(´ー`)

今日の限界です orz  

ちょっと勉強して、うまくできたらまた載せたいと思います☆


大体こんな感じでした。

1 コントラスト・明度は高め。
2 彩度もあげてキッチュな感じの色みにしてみる。
3 フォーカシングしたい部分を大体決める。今回は写真の下部あたりを広めに。
4 その部分を、選択して境界線をボカす。
5 選択範囲をほんのちょっとだけボカす。リアルさを減らすような感覚ですかね。
6 選択範囲を反転して、他の部分(今回は写真上部)を結構ボカス。(ここのボかし方がセンスかもしれません。)
7 全体の雰囲気をみて、更に色見やボケ感を調節。
 

写真によってはフォーカシングしたい部分を、シャープに処理したほうがおもちゃ感がでる場合もあるかもしれませんね。
一番最初に全体をほんのりボカして様子を見るのもいいかもしれません。

被写体によって、おもちゃ感が出やすいものがあると思うんですよねー。
大きな建物がドーンとあるよりは、細かいビルとか車とかが
ひしめきあってるような写真のほうがいいかななんて感じました。

まだまだ修行しまーっす♪^^ノ

4/20追記:もひとつ画像載せます。

処理後
ng1ts2mini

処理前
ngfukan1

こんな感じでした・・・ 
う~んう~ん orz

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

psycho.m

Author:psycho.m
自称無駄写し屋。

主にCANON EOS kiss X3を片手に
その辺を徘徊します。


Follow soubi_sobby on Twitter

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
psychoのガクブチ

最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
健康BMI
ajaxblogparts
月別アーカイブ
最新トラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。